Top > 活魚水槽

活魚水槽水槽内の活魚のロスや鮮度「北水」なら改善できます!

こんな悩みありませんか?

  • 水槽がすぐ汚れ、水が濁る。泡立つ。
  • 水槽に入れた魚介類に活きがない、弱ってしまう。
  • 常に水槽をきれいに保ちたい。
  • 水槽の掃除に手間と時間がかかる。
  • 魚介類の活きがよく見えるように工夫したい。
  • 水槽を導入したいが、初めてでよくわからない。

既存の活魚水槽でお困りの方。新規設置をご検討の方
今のお悩みを「北水」が解決します!!

活魚水槽を導入し、上手に運用するには、しっかりとしたメンテナンスが不可欠です。

水槽が汚れていたり、活魚に元気が無かったら、当然美味しそうに見えません。

汚れた水槽から出した魚を料理として提供する事に、お客様はどう思うでしょうか?

お店のイメージ低下に繋がりかねません。

そして、魚介類の種類により、水温や水質、水槽の構造まで考えなくてはいけません。

水槽を常にきれいに保つには、かなりの労力が必要になります。

魚介類を「活かす」水槽で飲食店の売上も増える

「活魚」「活イカ」「活ホタテ」などを売りにしている飲食店の水槽内の生物が

弱っていたり死んでいたのを見たことありませんか?

当然、美観も良くなく、鮮度も低いので客足が遠のき売上も減少するでしょう。

大きさが限られた水槽は、魚介類から出る不要物によって徐々に汚れていき、水質も悪化していきます。

広い海の世界ではこのような不要物も海中のバクテリアにより分解され、環境を維持します。

活魚水槽や生簀も海と同じように環境を維持できなければ、

魚介類は徐々に弱ってしまい、やがて死んでしまう事もあるでしょう。

活魚水槽をきれいに保てば、魚介類も「活きる」ことができます。

つまり、活魚水槽を正しくプロがメンテナンスする事で魚介類を「活かす」のです。

私たち「北水」は、魚介類を「活かす」ことにより、新鮮で美味しく安全な魚介類を

消費者に召し上がっていただき、設置店様の売上にも貢献したいと考えております。

お問合わせはこちらから

水槽導入の流れ

活魚水槽設置の流れ

1,相談

お客様の要望や、ご用途、水槽の設置場所など、

しっかりお話しさせて頂きます。

ご不明点や、ご不安な点はご遠慮なく申しつけください。

2,提案・設計

ご相談の内容から、お客様にあった最適な水槽を

設計し、ご提案させて頂きます。

ご提案に納得いただけましたらご成約となります。

3,施工

現地工事を伴う場合も、熟練のスタッフが担当致します。

事前打ち合わせと、計画をしっかり立て対応致します。

4,納品

完成後、お客様に商品を確認いただき、

納品完了となります。

納品後のメンテナンスもご安心ください。

既存店の相談も承ります!

導入実績例

※写真をクリックすると詳細に移動します。

活魚水槽導入例10

活魚ストックFRP水槽

活魚水槽導入例5(2)

お寿司屋K様

W90×D45×H45cm
オーバーフロ水槽

活魚水槽導入例7(3)

飲食店I様

W6000×D1200
活魚ストックFRP水槽


活魚水槽導入例6(1)

レジャー施設内N飲食店様

オーバーフロー活魚ストック水槽

活魚水槽導入例5(2)

ホテル内飲食店 L様

W120×D50×H45cm
オーバーフロー 活魚ストック水槽

活魚水槽導入例7(3)

飲食店I様

W180×D60×H60cm
2段型オーバーフロー活魚ストック水槽


活魚水槽導入例4

居酒屋 E様

W200×D80×H70cm
2段型オーバーフロー活魚ストック水槽

活魚水槽導入例1(5)

お寿司屋 S様

W90×D45×H45cm
活魚ストック水槽

活魚水槽導入例2(6)

飲食店 M様

W180×D60×H60cm
オーバーフロー活魚ストック水槽


活魚水槽導入例8(7)

飲食店 K様

W150×D60×H60cm
オーバーフロー活魚ストック水槽

活魚水槽導入例9(8)

飲食店 N様

W180×D60×H90cm
2段型オーバーフロー活魚ストック水槽

活魚水槽導入例3(9)

居酒屋 C様

W200×D120×H150cm
楕円型活魚ストック水槽



新着お魚情報

ブログ

2016.12.19

年末年始の営業日のお知らせ


2016.04.28

カブトニオイガメ入荷しました


2016.04.23

ちいさな水辺セット入荷しました


正規特約店

biord totto BIRD's EYE AQUARIUM 315three quarter
ADA MANE・DESIGN AQUA TWINSTAR REGALOシリーズ